FC2ブログ
ブログ
【同人誌】AFTER4(ERONDON HEARTS) P7パラダイス~Endless Summer Vacation~ いいなり!褐色麻雀娘 LOVE P SIX 3 超昂閃忍ハルカ ダウンロード販売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRMのクリスがサンタコスでクリスマスにエッチなプレゼント♪

12月になり申した。
美少女がサンタコスをする季節です。
正直、クリスマスというイベントにそれ以外の意味はないと思います。


「HEY! Merry Christmasネ♪」
 男たちの前に現れたのは金髪碧眼の極上ボディの美女クリス・ガーランドである。
 彼女はそのプレイメイトばりのボディを惜しげもなく露出させた際どいサンタ服で登場した。

 白人特有の白い陶磁器のような素肌が、赤い衣装に映えて美しい。
 頭には白いファー付きのサンタ帽に胸元を露出させた赤いビキニ。極めつけはその見事のヒップがまる見えなマイクロミニのスカート!
 無論、その豊満な胸の谷間に視線は自然と吸い寄せられる。
 ボン、キュッ、ボンの肢体をくっきりと浮かび上がらせる身体にフィットした衣装に、男達は期待を高まらせた。
「セクシーサンタの登場だ!」
「クリスえろいよ!サンタクリスだ!」

「今日はみんなにとーってもスペシャルなクリスマスプレゼントをアゲルネ!」
 とウインクして見せる金髪サンタの可愛さに男達はもうメロメロである。
「それじゃ、みんなのおちんちん、気持ちよくしてアゲル♪」
 そう言ってクリスは男達の股間を撫で出す。
「クリス……お願い!」
「うおおお! クリスに撫でられるの気持ちいい!」
「こっちも……こっちも触って!」
 と男達は我先にとクリスに触れてもらいたくって膝立ちになっている彼女を取り巻いた。
「OH! みんな、しっかりエレクチオンしてるネ♪」
 といくつものおちんちんをまさぐりながら嬉しそうにクリスは言う。

「じ、直に! 直に触れてよ!」
 と男達はパンツを降ろしていく。
 見事なまでにエレクチオンしたペニスがクリスに向かって突き出され、たちまちおちんちんのやりぶすまに取り囲まれるクリス。
「OKネ!」
 とそのカチカチのおちんちんに手を伸ばし、亀頭を、陰茎を、雁首を、皮を、袋を丹念に嬉しそうに撫で回す。

「ふあああ!なんてテクニックだ!」
「んはぁ…先っちょから溢れてるよ?」
「はぁはぁ…そのお口で舐め取って欲しいな」
「OH!早速フェラチオの催促だね?イイヨ♪」

「あ~ん……あむっ♪」
「やっべー!洋物ポルノそのまんまだよ!」
「あん……おちんちん……暴れるぅ♪」
「あ、あの……上目づかいで……こっち見てフェラして……」
「んんっ……こう?」
 と愛らしい眼差しで見つめつつおちんぽを咥える。

「あああああっ! やらしいいいっ! すっげーかわいい!」
「あん……♪ もっと感じて……あむぅ……ん……じゅぶじゅぶ……ふぁあっ!」
「クリスぅ……一本だけじゃ物足りないんじゃないの?」
「ああん……こっちのおちんちんもシテ欲しいのね? ゴメンね、寂しかった?」
「うん、寂しかったよぉ」
「んじゃ、あなたのおちんちんは手で扱いてあげる」
 と舌で指と手のひらにべったりとヨダレをつけておちんちんを握る。
「ひゃああ!ぬめった手が気持ちいい!」
「こっちも!こっちの手もお願い!」
「ハァイ♪……おちんちん手で扱いてあげるね」
「や、やらしーなぁ、ドキドキしちゃうよ」
 たちまち両手とお口でおちんちんを扱きあげるサンタクリス。

「はぁはぁ……クリスさぁん……おっぱい揉んじゃうよ?」
 男の一人が背後からクリスの胸を揉み上げる。
「あん♪ おっぱい揉んでぇ♪いっぱい揉んでぇ♪」
「ブラ脱がしちゃうよ♪」
 と捲り上げるとぷるるんっと音をたてて見事なおっぱいが姿を現した。

「サンタさん巨乳!」
「たゆんたゆんのおっぱいだぁ!」
「あはぁ……ワタシのおっぱい喜んでくれてるぅ♪」
「はぁはぁ……こんなの見せられたらおちんちんまたビンビンになっちゃうよ!」
 と硬さの増した肉棒をクリスの柔肌に押しつけてくる。
「あん♪ おちんちんいっぱぁい♪」
「俺にもおっぱい揉ませてぇ!」
 と正面から数人の男の手がその豊かなバストに触れる。
「はぁああ……おっぱい、やーらかぁい♪」
「ああん♪ 触り方……いやらしいよ……」
「だってこんなエッチなおっぱいやらしく触らないと!」
「あん、あん♪ もっと……強く揉んでもイイヨ♪」
「はぁはぁ……揉んでも、揉んでも、全然飽きないよ、このおっぱい!」
「俺にも揉ませろよ!」
「ああん♪ 手がいっぱぁい♪」
「はぁはぁこんなおっぱいしゃぶりつきてえええ!」

「アハッ♪ イイヨ……おっぱい、しゃぶっても……」
「やったー!」
 と左右のおっぱいに一人ずつしゃぶりつく。
「あんっ♪ カワイイBABYみたい♪ おっぱい大好きなのね」
「ふあああ……ちゅぱ……ちゅぱぁあっ!」
「ンフフ……おっぱい美味しい?」
「はぁあ……もう最高です!」

 クリスの見事なおっぱいをたくさんの男たちが吸い上げていく。

「あんっ♪ 乳首……あああんっ!」

「揉みながら……先を尖らせて吸われるの……感じちゃううう!」

 柔らかな白い乳房を余すことなく手で揉みまくり、舌と唇で触れてまわる。

「あんあん……おっぱい……ああん♪ みんなすごぉい……」

「俺、もうガマンできない!」

 一人が立ち上がるとクリスを寝転がせる。

「ずっとクリスのおっぱいでパイズリしたかったんだよ!」
 サンタクリスの身体に跨るとギンギンにみなぎるおちんちんをそのそびえ立つおっぱいの谷間に挟む。

「いやぁ……すげえいい……こりゃあ挟むっていうよりも埋まるって感じ」
「フフフ、おちんちんワタシの胸の間でびくんびくんって気持ちよさそう……」
「はぁあっ……もう最高だ!」
 と手で双乳を包むように抑えるとその間のおちんちんをずりずりと擦らせる。
「熱いよ……キミのおちんちん……ああんっ♪」
「おっぱいだけじゃなくって手でもおちんちん扱いてよ」
「ああんっ……おちんちんもっとちょうだい」
「はいお口でもおしゃぶり続けちゃって♪」

 パイズリをされながらおしゃぶりと手コキで数本のおちんちんを扱きあげる。
「はぁむ……むぅ……じゅぶ……んはぁ……あふ……む……」
「おっきぃ……熱いのがぁ……いっぱぁい……あふ……っむぅ……じゅぷぅ……んふぁ……」


「こっちの方はどうなってるかな?」
 と余った男たちはクリスの股間へと手を伸ばす。
「サンタさんが黒のTバックってえろーい」
「サンタさんのエッチなお尻まる見えだよ、うへへぇ」
「俺にも触らせろよ……ひゃあすべすべぇ……」
「たまらんぜ、こりゃあ……」
「ふぁあ……あん……ワタシ、バストもだけどヒップにも自信あるのよ……お気に召したかしら?」
「召します召します!」
「お尻もだけど早速サンタさんのエッチなおまんこ見せてもらっちゃおうかなぁ」
 とTバックのパンツを脱がせる。
「ひゃっほー! もうとろっとろじゃないか!」
「サンタさんのエロまんこ、いじっちゃうよ」
 と指で秘肉の隙間をいじくりはじめる男たち。

「ひあああん……あふぅ……んちゅう……れるれる……ふぁあああん♪」
「お、オチンポ咥えながらおまんこいじられるの感じちゃう?」
「サンタさんのおまんこ超敏感♪」
「指がすぐにグショグショになっちゃうよ」
「ああん……指が……ワタシの中に入ってきて……んん……はぁむ……じゅぶじゅぶ……」

「パイズリ気持ちいい! たゆんたゆんの洋物おっぱい最高!」
「手でシコシコされるのすっげー気持ちいい!」
「おしゃぶりもすっごく吸い付いてきてたまんねー!」
「おまんこもぐしょぐしょで、すぐにチンポ挿入れてえ!」
「ああん♪ おちんちん入れて……ワタシのおまんこ、がちがちのおちんちんでいっぱいズボズボしてぇ♪」

「それじゃあ俺が一番乗りでクリスのおまんこいただきまーす!」
「あっはあぁあん♪ おっきぃのがぁ……入ってくる……入ってくるのぉ♪」
「ホラホラ、ぐしょぐしょの濡れ濡れだから一気に根本まで入りこんじゃったよ!」

「ああん……おっきいのが……奥までぇ……はぁあん♪」
「入れられて感じてるクリスやべーかわいい!」
「奥まで一気に入れられて手もお口もより熱が入ってきたよ!」
「んああ……あんむ……む……じゅぶじゅぶ……おひんひん……おっひぃの……おいしい……あむ……♪」
「ひょぉああっ! もう最高のクリスマスプレゼントだよサンタさん!」

「ねえサンタさん、出していい? おまんこの中で出しちゃっていい?」
「あん……あああん……イイヨ……ワタシのおまんこの中にいっぱいちょうだい♪」
「はぁっ……はぁっ……もっといやらしくおねだりしてよ」
「あんっ……ワタシのいやらしいぐちょぐちょおまんこに、みんなの濃ぉいこってり精液注ぎ込んでぇ♪」
「ふああああっ……! やらしっ……出すよ、中にたっぷり出しちゃうからね!」
「ああっ……奥で……一番奥ぅっ……感じちゃうぅ!んんんんんっ!!」

びゅくっ……びゅくぅっ!!!

 クリスの膣内に大量の精液を放つ。
「あああああっはあああんっ!!!」
 膣の最奥で勢いよく出されてイッてしまうクリス。

「あっはぁあん……元気な精液がいっぱぁあい♪」
「はぁあ……いっぱい出たよクリス」
「お口で綺麗にシテあげる♪ ああむっ♪」
 とイッたおちんちんをお掃除フェラ。

「サンタさんバックで感じさせてあげる」
 とクリスを四つん這いにさせて、背後から剛直をずっぷりと挿入する。
「ああんっ……かったぁい♪」
「ほらほら、さっきとは角度が違って感じるんじゃない?」
「あん……そこ……そこぉ……♪」
「ここ? ここがいいの?」
「そこ……そこがいいのぉ……ああん……感じるのぉ♪」
「はぁあ……中出しされた精液でヌルヌルしてるのにきゅんきゅん締め付けてくるよ」
「はぁあ……ああん……もう……また……イッちゃう……」
「いいよ、何度もイッて……俺たちのチンポで何回でもイカせてあげるから♪」
「ああん……もう……だ、だめぇ……あああああっ!!」

 くたぁっ……と前のめりに伏せるクリスの上体を起こしてやる。
「はぁ……はぁ……あふぅ……あ……おちんちんが……」
「クリスさんオチンポおまんこだけじゃ物足りないでしょ?」
 とお口にギンギンにみなぎった肉棒を咥えさせる。
「はぁむ……ん……んはぁ……おっきぃ……あむ……じゅ……じゅぶ……」
「クリス、おちんちん美味しい?」
「あふぅ……美味しいの……おちんちん……お口でもぉおまんこでもぉ……美味しいのぉ♪ はぁぶ……んんっ♪」
「前後からズボズボされてるクリスとってもエロいよ」
「クリスのこのヒップを眺めながらヤルのってたまらんぜ!」
「クリスもしかして自分で腰動かしているんじゃない?」
「もうこのサンタさんエロ過ぎ!」
「俺たちのチンポ全部お口とおまんことおっぱいで搾り尽くされそうだよ!」
「むしろ搾り取られたい!」
「まさにそれな!」

「あむぅ……ん……ん……んはぁ……ああん……はぁあ……むっ……ちゅむぅ……あふぅ……」

「クリス、俺、もう……イクッ!」
「ああっ! 中に……あああ……いっぱいきてぇ!」
「もう……出る出る出るっ!」

 びゅくっ! びゅくくっ!

「いっぱい出されて……またイカされちゃった……♪」
「はいお掃除お願いしまーす!」
「お掃除の途中ですが、続いて後ろから入りまーす!」
 と次から次に男たちはクリスのとろとろまんこに肉棒をぶっ挿していく。
「ああん……! どのおちんちんも立派で気持ちいい♪」
「そんなに俺たちのチンポ気に入ってくれたんなら、もっとあげるよ」
「ホラホラ、お口だけじゃなくって手でも扱いてよ」
「ああん……あむぅ……ちゅぶちゅぶちゅぶぅ……ふっぁ……ああむ……む……ちゅむぅう!」

「あーあーセックスしながら目の前のオチンポしゃぶり尽くしてるよ」
「あああ、もう俺たちクリス無しじゃ生きられなくなりそう」

「金髪美女サンタとハメまくりなんて最高のクリスマスだぜ!」
「このぷるぷるおっぱい最高!」
「バックで突かれるたんびにぶるんぶるんって揺れまくってエロさ倍増!」
「おまんこの中も逸品だぜ。中はぬるぬるのぬくぬくでうねうねしてて……ああ、俺ももう出しちまう!」
「はぁはぁ……あふぅ……きてきてぇ……ワタシのおまんこ精液でいっぱいにしてぇ♪」
「ザーメンでホワイトクリスマスにしちゃうよ!」
「ああっはああああああっ!」

 どびゅっ! どびゅびゅっ!

 激しい音を立てて大量の白濁液がクリスの膣内に注がれる。
 剛直を引き抜かれた秘肉の隙間からは濃厚なクリーム状の者が溢れ出る。

「ああ……こんなに……たくさん……ああむ……きれいにしてあげる」

「今度はクリスが上になってよ」
 と次の男は仰向けになりクリスに騎乗位を催促する。

「んふふ……イイヨ……あはっ♪ おちんちんもうガマンできないのね」
「はやくはやくぅ……サンタさんの中に入りたいよぉ♪」
「あん……じゃあ……サンタさんの手で入れてあげる」
 そう言いつつ自らの白い指でおちんちんを上向かせて自らの秘部に挿入していく。
「ああっ……入って……くるぅ♪」
「自分で挿入するなんてやーらしーサンタさんだな!」
「ほら、またおっぱいでしてよ」
「両サイドにおちんちんあるのも忘れないで」
「右と左と交互におしゃぶりしてね」
 と正面からパイズリされて左右のおちんちんを手コキしつつWフェラチオする。

「あんっ、おちんちんに囲まれちゃったぁ♪」

「なに言ってんの? 大好きなおちんちんに囲まれて嬉しいんでしょう?」
「うん……おちんちん……好きぃ……セックス……大好きぃ……あん……あん……♪ 下から突き上げちゃいやぁん♪」
「だって気持ちよすぎて腰がとまんないよ」
「ダァメぇ……ワタシが動いて気持ちよくするんだからぁ♪」
 と騎乗位で自ら腰を浮き沈みさせるクリス。
 ぐちょぐちょとイヤらしい音が響く。

「あ、あ、あ、ああっ……ん……ん……ん……んはぁ♪」
「クリス、自分で腰動かして感じちゃってるんだ?」
「うん……これ……気持ちイイよぉ」
「俺も気持ちいい……このまま出しちゃうね」
「あはぁ……もう出ちゃう?」
「あ、……もうダメ……ずっとやってるの見ててガマンしてたから……ああああっ!」
「あんっ……来る…あがってくるぅ!」

 びゅくんびゅくん!

 射精のタイミングに合わせてかクリスの上体がびくんびくんと揺れる。

「あはぁ……すごい……たくさんでたぁ……ほらぁ……おまんこから溢れ出ちゃってるわぁ♪」

 と嬉しそうに言うクリス。

 その笑顔がまたエロくって男たちはさらに股間のモノを硬くする。

「ほら、クリス……まだまだチンポあるよ」
「全員中出しするまで終わらないよ」

「あん……きてぇ……ワタシの中にいっぱいだして……」

「そいじゃリクエストにお応えしましょう!」
 とずんっとクリスを押し倒してそのまま正常位で挿入。

 ずんずんと奥まで一気に突き入れる激しい挿入にクリスも溜まらず嬌声をあげる。

「ああああん! すごぉ……あああん!」

「ほらほら手でもお口でも扱いて扱いて!」
「おっぱいも揉んであげるよ!」
「お尻も触ってあげるね」

 たくさんの男の手で執拗に愛撫されて、クリスの身体hあ極限まで感じやすくなっていた。

「さぁて……挿入しつつ、クリスの一番敏感なところいじっちゃおうかな?」
「ええ……? そんな……」
「クリスのクリトリスでメリークリスマス!」
「ああああああっ……NO!そんなの……ダメダメダメッ!」
「ダメってことはイイってことだよね?」
「違う……違うの! 今、そんなのいじられたら……ああああああっ!」

「ほら、綺麗なピンク色だ……みんなで見ようよ」
「おお、マジでびらびらが綺麗だ」
「おまんこおっぴろげてやらしいサンタさんだな」
「ああん……み、見ないでぇ!」
「いやいや、ここまでしておいて今更でしょ、それは」
「いえてらぁ……俺もクリちゃんいじらせてよ」

 と敏感な部分を男たちの指で執拗にいじられる。
 極限まで感じやすくなっているクリスの身体はびくんびくんと跳ねまくる!

「ひゃぁああっ……ふううっ……くっぅ……んはああああっ! もう……らめぇ……なにも……かんがえられないぃい♪」

「おちんぽぉ……おちんぽぉ……欲しいのぉ……いっぱいちょうらぁい……♪」

「おっぱい……吸ってぇ……揉んでぇ……好きなだけ触ってイイよぉ……」

「はぁあ……おちんぽ……まだまだ元気ぃ……あはぁ♪」

 やがて男たち全員が中出しを果たした頃には意識が朦朧としているようだった。

「あふぅ……はぁあん……しゅごぉ……あふぅ……もっと……ああん……おねがぁい……もっと……もっとちょうらぁい♪」

「んん? 何が欲しいのかな?」

「おちんぽぉ……おちんぽぉ……おちんぽが欲しいのぉ……もっとしゃぶらせてぇ……おまんこにいっぱいずぼずぼしてぇ♪」

「んじゃ、お言葉に甘えて第2ラウンドいきますか!」
「やったー!」

「せーえきぃ……せーえきも……飲ませてぇ……濃くってぇ……どろどろのぉ……おいしぃのぉ……ああん♪」

「そら特濃ザーメンだ!」

「あああん……濃くって……熱くって……おいしいのぉ……ああん……んんっ……喉で……ひっかかるよぉ♪」
「でもその濃いのが好きなんでしょクリスは」
「うん……濃ぉいせーえきぃ……だいすきぃ♪」

「じゃあ、クリスの大好きな精液を顔にいっぱいぶっかけてあげるよ」
「ああん♪ 嬉しい♪ 顔に……おっぱいに……いっぱいぶっかけてぇ!」

「お口でもおっぱいでも……顔にも緒まんこにも好きなところにせーえきだしてぇん♪」

「はああん……もう……おちんぽ……いっぱいで……あふぅ……あ、あ、あ、あ、あああああああああああっ!!!」

 とおちんちんに挿入されながらぶっかけられてイキまくるサンタクリス。

 男たちは文字通り極限まで搾り取られ、精なる夜にクリスの全身を真っ白に染め上げたのだった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secre

女子マネージャーは、僕達の性処理ペット。 022 熊倉しょうこ

現在の閲覧者数:
■動画リンク
■SHOP
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

yuuki

Author:yuuki
エロいSSとか書いたりする人。

Pixivはこちら→ ■□■□■

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。