FC2ブログ
ブログ
【同人誌】AFTER4(ERONDON HEARTS) P7パラダイス~Endless Summer Vacation~ いいなり!褐色麻雀娘 LOVE P SIX 3 超昂閃忍ハルカ ダウンロード販売

『柚原春夏さんと温泉旅行』その5

はい。春夏さんとの温泉えっちのフルコース。
ごゆるりとお楽しみください。






 ちゃぽーん……。

 ここは混浴露天風呂。

 白き湯気立ち上る自然の温泉で一人、春夏さんを待つ。

 もう浴衣姿ですらムラムラしっぱなしなのだ。

 裸の春夏さんと混浴だなんて……。

「お・ま・た・せ~♪」

 そこに現れたのは真っ白なバスタオル一枚を身体に巻き付けた春夏さんだった。

「はっ……春夏さん?!」

「あら? どうしたの急に見つめたり、目を逸らしたりして……」

「いや……その……予想以上に刺激が……強すぎて……」

「さっきまでさんざんあんなことしておいて?」

「春夏さんの浴衣姿にムラムラしてしまったんですよ」

「じゃあ、今の私は? ムラムラしない?」

「します! 超ムラムラします!」

「また……えっちなことしたいの?」

「したいです!」

「んふ♪ そんなにおちんちんビンビンにして言われると、さすがに恥ずかしいわねぇ♪」

 自分の股間を見て見ると、もう待ちきれないという感じでギンギンに腫れ上がったちんぽがそこにあった。

「いや……その……これは……!」

「あん、隠さなくていいのよ……さっきから攻められてばっかりだったから、今度は私がしてあ・げ・る♪」

「え……」

「ほら……こっちの岩場に座って……」

 促されるままに岩場に腰掛ける。そして屹立した股間の前に春夏さんは膝をついた。

「はぁい、えっちなイタズラ好きのおちんちんにおしおきですよぉ♪」

 手で勃起した陰茎をしゅにゅしゅにゅと擦り出す春夏さん。

「どうですかぁ? 気持ちいいですかぁ?」

「は、はい……春夏さんの……手……気持ちいいです……」

「んふ♪ あなたのおちんちんも気持ちよさそうにびくびくって私の手の中で脈打ってるわよ……ほぉら……いい子いい子……ふふ♪」

「ふぁあっ……」

「あら……先っちょから先走りが出てきたわよ……?」

「春夏さんの手が気持ちよすぎて溢れて来ちゃいました」

「ふふっ……かわいいわね。いいわ。これでおちんちんぬめぬめにしてあげる……」

 春夏さんの手で引き延ばされたちんぽ汁が亀頭に陰茎に塗られて、春夏さんの手の感触の気持ちよさが急激に加速する。

「はぁあっ!」

「ふふふ……またおちんちん気持ちよくなっているのね? 素直でいいわよ」

「はぁはぁ……春夏さんに……もっとして欲しいよ」

「じゃあ、両手を使って……あなたの乳首も舐めてあげる♪」

 と片手で亀頭から陰茎までともう片方の手で袋を刺激する春夏さんは俺の乳首へとキスをする。

「さっきは私の乳首をいっぱい弄んだでしょう? 今度は私があなたの乳首を気持ちよくしてあげる♪ ん……ちゅ……んんっ……れる……れるぅ……どうぉ?」

「き、気持ちいいです……」

「おちんちんが? それとも乳首?」

「ど……どっちもです」

「じゃあ……どっちももっと気持ちよくしてあげるわね♪ はぁむ……ちゅ……ぺろ……ちゅちゅちゅ……」

 舌と唇を巧みに動かして乳首を甘くいやらしく刺激していき、両手はさらに激しく淫らに扱かれていく。

「はぁ……春夏さんの……手で……イキそう……」

「ん……いいわよ……そのまま出して……」

「はぁ……はぁ……」

「ほぉら……ガマンしなくていいのよ♪ ……全部受け止めてあげるから……♪」

 そんな優しい言葉に思わず射精をしてしまう。

 びゅくんびゅくんっ!!!

「あはぁっ……すっごい出てるわぁ……ああん……手があったかぁい♪」

 春夏さんは両手に着いた白い液体を口で吸い取って舐め取っていた。

「は、春夏さん?!」

「ふふふ……あなたの……濃くって美味しいわぁ……今日、あーんなに出したのにまだこんなに出るなんて……ずいぶん溜め込んだのね」

「えっと……そりゃあ……まぁ……」

「ね、教えて……一体どのくらい溜め込んだの?」

「……に…………ん……」

「え? もう一回……言ってくれるかしら?」

「その……」

「あなたがどのくらいガマンして来てくれているのか……それによって私も……ほら……心の準備が……」

 と顔を赤らめて言う春夏さん。ついさっきまで淫らな責めをしておいてそんな清純な反応をするなんてズルすぎる。

「に、……2週間です……」

「え? 本当に?」

「はい……毎日……春夏さんとこうして会えることを思いながらガマンしたんです」

「ようやく納得したわ……だからもうところ構わずしたくなっちゃったのね?」

「はい……すみません……」

「あやまる必要なんてないのよ……それなら最初に言ってくれれば良かったのに……」

「でも……春夏さん……温泉街とかすっごく楽しみにしてたみたいだから……」

「そうね……でも……あなたとこうしてえっちなこともちゃぁんと楽しみにしてたわよ」

「は、はい……」

「さ、続き……してもいいわよね?」

「お、お願いします!」

「今度はお口で……ね?」

「はい……」

「ふふふ……そっかぁ……2週間も溜めてきたのねぇ……はぁいよくガマンしましたぁ、えらいえらい♪」

 とおちんちんの頭を撫で撫でされるのがえろいえろい♪

「最初は舐めてあげるわね……んんっ……ん、ん、ん、んんんんっ……れるれるれる……どう? ここが気持ちいいんでしょ?」

 正直なところ春夏さんに弄ってもらえるんならそこがどこであろうと気持ちいいことは間違いないのだが、ここは余裕ぶって別のところを指定してみる。

「裏筋から下に袋を舐めてもらえませんか?」

「んふ……いいわよ……はぁむ……む……ちゅ……れる……はぁふぅ……んっんっはぁ……れる……ちゅむぅ……」

 竿を手で扱きつつ袋を舌でぺろぺろぴちゃぴちゃと舐めていく。

「はぁむぅ……む……んちゅ……ちゅはぁ……あふ……じゅむっ……ちゅく……んはぁ♪」

 まるで袋に刻まれているシワの一つ一つまで舐め尽くそうとしているかのような丹念な舌使いだ。その献身的な愛撫にさらに肉棒に血液が集中していく。

「あはっ……かたぁくなってるわよ……私の舌……そんなに気持ちいい?」

「ええ、もう最高に気持ちいいです」

「それじゃあ今度は咥えてあげる……あむっ……♪」

 春夏さんはギンギンに漲ったその陰茎を亀頭からぱくんと咥え込んだ。

「はぁむっ……んんっ……ちゅむ……んはぁ……おっきぃ……お口に入りきらない……はむ……む……ちゅぅうっ……」

「はぁ……すごい……びくんびくんって脈打って……気持ちいいのが伝わってくるわよ」

「はい……もっと春夏さんのお口を感じていたいです」

「はぁい♪ それじゃあ、お口でもっと気持ちよくしちゃうわよ……あむぅ……ん……ん……ん……ん……んはぁ♪ はぁむっ……んむぅ……じゅ……じゅ……じゅ……じゅっぷじゅっぷじゅっぷ……ぷぁっ♪」

「あはぁ……すっごく敏感♪ お口の中でびくんびくんって……反応してくるわよ……あむっ♪ んーっ……んはぁ……はぁむっ……ちゅむぅ……じゅぶぶ……ちゅーっ……」

 春夏さんのバキュームフェラやら舐めまわしでもうこれ以上ないくらいのめくるめく快感がおちんちんのそこかしことまんべんなく刺激される。

「ちゅっぷちゅっぷ……じゅっじゅっじゅっじゅっ……はぁふぅ……ちゅむぅ……あむぅ……じゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷ……ちゅぶちゅぶちゅぶちゅぶ……むぁ……ああん……おちんちんおいしい♪」

「はぁむっ……むぁ……おちんちん舌で舐められて気持ちよさそう……」

「はい……とっても気持ちいいです……その……春夏さんのお口でイカせて欲しいです……」

 もう股間の奥にはこれ以上ないくらいに大量のマグマが噴火の瞬間を待っている。

「んふふ……おちんちん……精液をこのお口に出したいんだぁ♪ いやらしーんだぁ♪」

 そんな春夏さんのエッチな対応におちんちんに否応なく反応してしまう。

「はぁあ……むっ……んっく……んはぁ……ん、んっ、んんっ……はぁ……あん……むぅ……ふぁ……あふぅ……むぅ……ちゅむぅ……んっく……ん、ん、ん、ん、はぁん♪」

「おちんちんすごくビクビクってして……もう……イキそうなのね? いいわよ、私のお口の中に……いっぱい出して♪ びゅるびゅるって白いのいっぱい飲ませてぇ♪」

 春夏さんのエッチなリクエストにもう堪えることなど出来ずに一気に射精へと達した。

 びゅるるるるるっ!!!

 激しい音と共に大量の射精が春夏さんの口内を襲い、含みきれなかった精液が春夏さんの口の端からこぼれた。

「あはぁ……いっぱぁい……はぁはぁ……ん……んくっ……んんっ……ごくっんっ……はぁー……全部受け止めきれなかったわ……」

 春夏さんが吐き出した精液を全て飲み干してくれたことに感動と、より一層の官能が下半身を襲い、さらなる欲望へと向けてそそり勃った。

「あん……本当に絶倫さんね♪ いいわ、次は私のおっぱいで感じさせてあげる♪」

 とその形の良い美乳を寄せておちんちんを挟み込む。

「はぁい……頑張ったおちんちんにご褒美よ♪」

 先ほどの浴衣からはだけた状態よりも、全裸で温泉によって上気して濡れたおっぱいでのパイズリは格別に気持ちよかった。春夏さんも上目づかいにこちらを見つめて、その目と乳房の間を出たり入ったりするおちんちんに見入ってしまう。

「ん……ん……ん……んっ……これでどうかしら? 気持ちいい?」

「春夏さんのおっぱいは最高に気持ちいいです」

「んもう……気持ちいいのはおっぱいだけぇ?」

「そりゃあ、手コキもフェラチオも気持ちよかったです」

「んふふ……いいわよ……おっぱいでいっぱい気持ちよくなってね♪ んはっ……あ、あ、あ、ああっ♪」

「はぁっ……ん……おちんちんかたぁい♪ おっぱいの谷間に当たって……あん……あつぅい♪」

「あんあんあんあん……あっあっあっああっ……おっぱいもおちんちんで気持ちよくなって……ああん♪」

「もっと……もっとおちんちん気持ちよくなって♪ いっぱいいっぱい気持ちよくなって♪ せーし出そう? 白いのいっぱい出るでしょ?」

「いいわよ……いっぱい……いっぱい出して……私のおっぱいでいっぱい気持ちよくなってたぁくさん精液出しちゃって♪」

 本当は射精してしまうよりももっとおっぱいの感触を味わって春夏さんの献身的なご奉仕を見下ろして楽しみたかったのだが、それももう限界だった。

「っくっ……」

 びゅくんびゅくんっ!!!

 激しい脈動と共に大量の白濁液が春夏さんの胸の谷間に溢れ出た。

「あはぁ……すっごぉい……あつぅい♪ それにすごい量……まだこんなに出るんだぁ♪」

「まぁ……二週間分ですから……」

「今日のために溜め込んだんだから……全部出して帰りましょうね♪」

 とおっぱいで残った精液を搾り出すかのように扱きあげる。
 先っちょからは精液が流れ出して春夏さんのおっぱいをより淫靡に染め上げた。

「ふふ……おちんちんまだ硬いままよ……今度はこのおちんちんで私を気持ちよくしてくれるかしら?」

「もちろんです!」

 今度は春夏さんを岩場に腰かけさせて、膝を割って腰を入れる。

 くちゅん……。

 そこはもう前技の愛撫などまるで必要ないくらいに濡れそぼっていた。

「もう……入れちゃいますよ」

「うん……来て……入れてぇ……もう……私……ガマン出来ないの……」

 切なそうな声をあげる春夏さんの愛液溢れる秘部へと亀頭を押し当てる。

「あっ……んはぁ……」

 それだけで期待に高まった可愛い声を漏らす春夏さん。

「あ、ああっ……入って……ああっ……硬いの……あああっ……硬いのが……私の中に……入って……くるぅっ! んっはぁあああ……んんっ!!!」

 挿入の快感に悦びの声をあげながら両手で身体にしがみついてくる春夏さん。両腕とくっつき合った胸から気持ちいいのが伝わってくる。

「あ、あ、あ、あああっ……熱い……熱くて……硬いのが……私の中で……暴れて……んっはあああああん……気持ちいい……気持ちいいわよ……あなたのおちんちん……とっても気持ちいいのぉ……硬くて……あっあっ……熱くて……んんっ……太くて逞しい……それに……おっきいから奥まで届いて……んっはぁあっ! き、気持ちいい……はぁあん♪」

 春夏さんの耳をあまがみしつつ腰を淫らに突き動かす。
 それだけでくちゅりくちゅりといやらしい水音が温泉内にこだまする。

「あ、あ、あ、ああっ……あっあっあっああんっ……あ、あ、あ、ああん♪ すごいの……カリの部分が……おまんこの中……ひっかいて……掻き回される……んはぁ……硬い先っちょがぁ……おまんこの奥を叩いて……突っついて……んはぁ……ああん、あん、あん、あん、ああっ!!!」

 腕の中で感じまくって乱れる春夏さんを抱きしめてキスをする。

「はぷぅ……んはぁ……んっふ……はっふぅ……ちゅく……ちゅむ……ちゅばぁ……れろ……れる……」

 くちびるだけでなく舌と舌とを絡ませる淫猥なキス……ついでに俺の舌を出してベロをフェラさせたりする。

「んはぁ……はぁはぁ……れるれる……ぢゅばぁ……ぢゅるる……」

 その間にも腰のストロークをゆるめはしない。ずんずんと容赦ない突きで春夏さんの秘肉を擦り上げていく。

「あっはあぁあ……あふぅ……もう……らめぇ……もう……なにも……かんがえられないぃ……あ、あなたのことしか……もう……あああん……もう……好き……大好き……あなたのことが……好きぃ……だから……もっと……突いて……おちんちんで……私のおまんこ……満たしてぇ……」

「おちんちん……好きぃ……手で扱いてあげるのも……お口でするのも好きぃ……あはぁあん♪ おっぱいで挟んであげるのも大好きぃ……♪ あんあんあんあんっ! でもぉ……おまんこでずぼずぼされるのいちばん好きぃ……気持ちいい……とっても気持ちいいのぉおっ♪ あなたのおちんちん……気持ちよすぎて……頭の中、まっしろぉ……まっしろにぃなっちゃうぅうん……んっ……んはぁあん♪

 春夏さんは本日これ以上ないくらいに感じてくれて腕の中で乱れまくっている。その姿にもうおちんちんは暴発寸前だ。
それもそのはず。いくら二週間分のオナ禁が溜め込んであるからといって、宿に着いてからずっとやりっ放しなのだ。いいかげん絶頂へのインターバルが短くなってきていた。

「くっ……春夏さんの……膣内……最高に気持ちいい……」

「気持ちいい? 私の中……そんなに気持ちいい?」

 何度も気持ちいいかと聞いてくる春夏さんの口をキスでふさいで思いっきり腰を打ち上げていく。

「んっはああん……あむぅ……んんんんっんっ……んっ……んっはぁあああっ……あ、あ、あ、ああっ……あっあっあっあっあっ……あっっはぁああああん♪」

「もう……イキそ……出るよ……」

「わ、わらひもぉ……もうらめぇ……イッちゃう……イッちゃうのぉ……はああん……♪」

「もうダメ……ガマンの限界……くぅっ!」

「あ、あ、あ、ああああっ……わ、わらひもイクゥ……もうイッちゃうぅぅうっ……んはぁ……あ、あ、……ああああっ……あっあっあっ……ああああああああああっ!!!!」

 春夏さんの最奥に肉棒を思いっきり突っ込んでいまだ衰えぬ白濁のマグマを一気に放出させた。

 どびゅるるるるるっ!!!

 春夏さんの身体がびくんびくんっと射精の感覚に合わせてケイレンを起こす。

「んっ……んんっ……はぁはぁはぁはぁ……あふぅ……中に……いっぱい出されて……気持ちいいいい♪ あっはぁあん♪」

「はぁはぁ……気持ちよかったぁ……最後はちょっと激しすぎたかな?」

「んん……うん……激しかったけど……気持ちよかったわ♪」

 と二人で絶頂の余韻に浸りながらキスを交わす。この期に及んでまだ揉み足りないのか俺はひたすら春夏さんのおっぱいを揉み続けていた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

tag : 柚原春夏 人妻 パイズリ

コメントの投稿

Secre

女子マネージャーは、僕達の性処理ペット。 022 熊倉しょうこ

現在の閲覧者数:
■動画リンク
■SHOP
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

yuuki

Author:yuuki
エロいSSとか書いたりする人。

Pixivはこちら→ ■□■□■

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード